« ブログでクリエイティブ思考 | トップページ | 誕生日 »

人工の自然で「自然な暮らし」は実現できるのか?

今日は、皮膚科医としてキャリアをスタートし、現在では
食に着目しながら美容と健康を追求する
医療法人愛星会理事長 有沢祥子先生

建築家 堀池秀人氏
をゲストに迎えた「健康な暮らしのための衣食住」
というセミナーに参加してきました。

以下、振り返り

○有沢先生 アンチエイジングと栄養
・多くの人が5大栄養素が偏りすぎ
 →タンパク質、鉄分、亜鉛、ビタミンCが不足し、糖質が過剰
・肉を食べずに食物繊維を多くとるから、代謝がよくなる反面、
 栄養が流れやすい。
 →栄養が定着せずにインスリンが分泌しなくなり、低血糖の状態に。
  そのため、甘い物を食べたいという欲求だけが抑えきれなくなる。
・その結果、ただでさえ採ることが難しい鉄分とミネラルが不足し貧血の人が多い。
 →疲れやすく、冷え症で、朝起きられない。
・栄養を効率よく定着させるためにタンパク質を採ることが必要。
 そのためにはお肉が一番効率いい。
・その結果として、お菓子を必要とせず、運動を持続できる体に。

○堀池氏 建築家から見た健康的な暮らし方
・自然素材を使えば自然、なんて大嘘。
・伝統の建材でも古来から健康被害があった(例:にかわ)
・まずは本当の自然に触れること。
・自然に対して謙虚であることで健康な精神を築くことができる。
・建築も主張せずに自然に対してあくまで謙虚に。
 →風土、土地からのメッセージをいかした建築
・建築には使う人の生活の色が持ち込まれる。
 建築家の色は極力ひかえるべき。


【感想】
どちらもとても楽しかったです。
流布されている定説を疑う、というのが両者に通ずる態度でした。
人工の自然で塗り固めるだけで「自然な生き方」とありがたがる
風潮に、お二人とも大きな懸念を感じられているようです。

特に栄養の話は興味深かったです。
自分も民間療法というか、自分がたまたま仕入れた情報を
疑わずに受け取っています。
もちろん有沢先生のお話が正しいかどうかもじっくり考える必要が
ありますが、どちらにしても自分の栄養に対する意識をもう一度
見直すいいきっかけになりました。

|

« ブログでクリエイティブ思考 | トップページ | 誕生日 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209637/40145653

この記事へのトラックバック一覧です: 人工の自然で「自然な暮らし」は実現できるのか?:

» 癒し・ヒーリング関係の話題 [癒し・ヒーリング関係の話題]
癒しやヒーリングは、ますます深刻になるストレス社会に安心と安らぎを与えてくれます。当サイトではスピリチュアルヒーリングやアロマテラピーや精神療法など、悩みを解き放す話題を書いています。精神を和らげリフレッシュする参考になれば幸いです。 [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 15時27分

« ブログでクリエイティブ思考 | トップページ | 誕生日 »