« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

敬語「いただきまして」と「くださいまして」

地下鉄に乗っていてとても気になったことがあります。

それは
「今日も名古屋市営地下鉄鶴舞線にご乗車いただきまして
まことにありがとうございます」
というアナウンス。
ちなみに鶴舞線だけでなく名城線でも同じアナウンスを確認しました。

気になるのは「いただきまして」の部分。
「乗車する」はお客が主語ですから尊敬語が使われるべき。
でも「いただく」っていうのは謙譲語だから
尊敬語にするなら「くださる」にならないといけないんじゃないか。

「今日もご乗車くださり、まことにありがとうございます」
ってならないといけないんじゃないかと思ったんです。

それで簡単に検索で調べてみると、
間違っているという意見と、正しいという意見と
両方あるようです。

「乗車してもらってる」と考えれば、主語は地下鉄運営側になる。
そうすれば謙譲語にして「お乗車いただく」となっていいというわけです。

でも、だったら次に来るべきなのは「ありがとう」ではなくて
「感謝しております」じゃないかな。
そうしないと主語が入り乱れてしまう。

「今日もみなさんにご乗車いただきまして、私ども感謝しております」
と言われればなんかすっきりします。

ちなみに僕は「させていただいている」という言葉がすごく嫌いです。
タレントが特によく用いてますね。
「私はこの映画に出させていただいているんですが・・・」
とか。

僕が許可した結果として出演しているならそれでいいんですが、
僕は見ず知らずのタレントが番組や映画に出演することを
許可した覚えはないし、キャストに影響を与えるような立場にいません。
だから「させていただいている」なんて言われる筋合いないんです。

同じようなことを言う人も結構いるみたいですね。
日本語の乱れというのは僕がしゃしゃり出なくてもみんな気にしています。
まあ、言葉というのは時代によって変わっていくということもまた
真理なわけで。
ただ筋の通った変わり方をしていきたい、と思うわけです。

とは言え、僕の日本語にも問題が多々あるし人のことはとても言えません。
ただ、敬語は相手を気遣って用いるものだから、
あんまり間違った敬語の使い方は相手に対して失礼じゃないか、
と感じてしまいます。


【参考URL】
yahoo知恵袋「店内アナウンスについての質問」
日本語Q&A:スペースアルク
高杉親知の日本語内省記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デート後の我が子

今日は長男を妻の実家に預けて、妻と仕事後に待ち合わせてデートを。

デートなんて1年ぶりぐらいだろうか?
久々のデートに気分も盛り上がって楽しく食事をしたが
どうしても二人とも長男の様子が気になってしまう。

ママがいない、と泣いていたらどうしよう?
僕らが帰ってもすねて顔を合わせてくれないんじゃないか?

そんな心配をしながら妻の実家へ帰宅すると、
驚いたことに長男はベッドで義母に絵本を読んでもらいながら
今にも眠りそうな勢い。

僕らがのぞき込んでも、絵本に夢中の長男は気づかない。
「ママ、ママ・・・」とずっと泣いてる様子を想像してたのに。
ずっと良い子にして待っていられたんだあ、
なんだか長男の成長ぶりと健気さに胸が熱くなる。

たまらず妻が声をかけると満面の笑顔と万歳で僕らを迎えてくれた。
置いていったことを責めることもなく、僕らの帰りを全身で喜んでくれる。
僕らには信頼関係が築けている。
うれしくてたまらない。

そしてママとベッドへ。
これで安心して眠るだろう。
そう思って僕も安心してたが、
しばらくすると突然激しく泣き始めた。
ずっと泣き続け、泣いたまま寝てしまった。

やっぱり寂しかったんだろう。
ママに抱かれたい気持ちをがまんしていたんだろう。
それでも僕たちがデートをすることを長男なりに理解して
認めてくれたんだろう。

ありがとうという気持ちと、ごめんねという気持ちと、
健気さに胸打たれる気持ちと、成長がうれしくてたまらない気持ちと。

最近どうも涙もろい僕にたくさんの感情をプレゼントしてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット・バンキング

先日三菱東京UFJ銀行の口座をダイレクトという
インターネット・バンキング対応のものに変えて、
今日インターネットから初振り込みをしました。

一度やってみると、これは便利。
今まで利用していなかった自分が愚かに思えてくる。

振り込みって、月末は並ぶしすごく時間がかかるんですよね。
それが3分でできちゃった。
今後の人生でどれほど多くの時間を手に入れられるんだろう。

ものすごく得するツールを手に入れた、という思いです。
調子にのって散財しないように自分を戒めておかなきゃですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hifana

音楽を音楽作品として聴くのではなく、
マルチメディア作品として受け取ると
全く違った感じ方がするものです。

音楽としてはそれほど好きでなくても、
映像を交えてみると不思議なほど引き込まれる。

そんなこんなで Hifana に最近はまってます。
PVのセンスも素晴らしいんですが、ライブパフォーマンスが
本当に楽しい。
ねらい通り、ハイになります。

まだ映像でしか触れたことはないですが、
是非ライブをこの目で見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小池研究室

今日は家族を連れて僕のワークスペースの一つ、小池研究室へ。
そう言えば、子供を連れてきちんとあいさつするのは
これが初めて。

どうなることやら、と心配していましたが、
予想以上にリラックスしている我が子にびっくり。
ソファーで寝っ転がるわ、本を色々取り出すわ。
あげくには、小池先生にむかって
「じいちゃん」
と呼びかける。

妻に言わせると
「小池先生は石川君のお父さんと雰囲気が似てる」
確かにそうかも知れない。
長男のリラックスぶりも、父の家へ行ったときに似てる。

かれこれ小池先生とは8年の付き合いになりますが、
そういったところでウマが合ってるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

今日は28歳の誕生日。

しかし、今までは2月にもなるとカレンダーを見るだけで
ワクワクしていたのに、今年はそれがない。
誕生日が近づいていくという実感がない。

それもおじさんになったということか、
ととりあえず自分で納得。

京都の友達がわざわざ名古屋まで祝いに来てくれて、
それはすごくうれしかった。
でもやっぱり誕生日がどう、というより
久々に会えたことがうれしい、という感じがする。

まったく自分の誕生日に盛り上がれない自分がいる。
電気グルーヴの曲にあるような
「Happy Birthday!! おめでとう、自分」
というテンションがまったくわいてこない。

そんな時、その友達が隠し持ってきたケーキを登場させる、
という殊勝なことを。
途端に気分が盛り上がってくる。
誕生日おめでとう。ありがとう。
やっと素直な誕生日モードの気持ちに。

ケーキは誕生日のシンボルで、そのシンボルに触れることで
初めて僕の誕生日に対する僕の感情達が
まとまりを持ってかたちを持った。

シンボルは僕たちにとって必要だ。
シンボルに僕たちの想いを乗せることで
僕たちの想いはかたちを得て、
僕たちの想いは最大限の力を得る。

だから僕たちは墓前に花をそえる。
その人が生きたということにかたちを持たせるために。
その人を忘れないという想いにかたちを持たせるために。

| | コメント (33) | トラックバック (0)

人工の自然で「自然な暮らし」は実現できるのか?

今日は、皮膚科医としてキャリアをスタートし、現在では
食に着目しながら美容と健康を追求する
医療法人愛星会理事長 有沢祥子先生

建築家 堀池秀人氏
をゲストに迎えた「健康な暮らしのための衣食住」
というセミナーに参加してきました。

以下、振り返り

○有沢先生 アンチエイジングと栄養
・多くの人が5大栄養素が偏りすぎ
 →タンパク質、鉄分、亜鉛、ビタミンCが不足し、糖質が過剰
・肉を食べずに食物繊維を多くとるから、代謝がよくなる反面、
 栄養が流れやすい。
 →栄養が定着せずにインスリンが分泌しなくなり、低血糖の状態に。
  そのため、甘い物を食べたいという欲求だけが抑えきれなくなる。
・その結果、ただでさえ採ることが難しい鉄分とミネラルが不足し貧血の人が多い。
 →疲れやすく、冷え症で、朝起きられない。
・栄養を効率よく定着させるためにタンパク質を採ることが必要。
 そのためにはお肉が一番効率いい。
・その結果として、お菓子を必要とせず、運動を持続できる体に。

○堀池氏 建築家から見た健康的な暮らし方
・自然素材を使えば自然、なんて大嘘。
・伝統の建材でも古来から健康被害があった(例:にかわ)
・まずは本当の自然に触れること。
・自然に対して謙虚であることで健康な精神を築くことができる。
・建築も主張せずに自然に対してあくまで謙虚に。
 →風土、土地からのメッセージをいかした建築
・建築には使う人の生活の色が持ち込まれる。
 建築家の色は極力ひかえるべき。


【感想】
どちらもとても楽しかったです。
流布されている定説を疑う、というのが両者に通ずる態度でした。
人工の自然で塗り固めるだけで「自然な生き方」とありがたがる
風潮に、お二人とも大きな懸念を感じられているようです。

特に栄養の話は興味深かったです。
自分も民間療法というか、自分がたまたま仕入れた情報を
疑わずに受け取っています。
もちろん有沢先生のお話が正しいかどうかもじっくり考える必要が
ありますが、どちらにしても自分の栄養に対する意識をもう一度
見直すいいきっかけになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブログでクリエイティブ思考

松岡美樹氏が自身のブログ
ブログを毎日書くことによって思考がクリエイティブになる、
と論じていました。

これはあくまで筆者の経験則によるもので
論理構成としては非常にあいまいですが、
僕の経験にもある程度まではあてはまっていると思います。

新年はじめのエントリー
ブログを毎日書く
という目標をかかげました。

今日までの結果は5日ほど抜けているし、あまりにもとってつけで
自分でも無意味としか思えないエントリーも多々見受けられるものの
とりあえずは及第点をあげていいと思います。

もともとは、日々の経験や考えたことに
アウトプットの場を与えたい、
それを習慣化するためにも
毎日書く、というルールを設定したい、
と考えて上のような目標をかかげました。

・アウトプットすることで自分の考えを整理することができる。
・あとで読み直してその時の考えをフラッシュバックさせる
 ことができる。
・目標として明示し宣言することで、それに向かって努力する
 モチベーションを築くことができる。
そういった効用は期待通りでしたが、更に
・自分の言動をことある度にやや客観的な視点で
 見直す癖ができる

という思いがけない効用があったように思います。

それは松岡氏の言うクリエイティブな思考に通ずるもの
なんじゃないかなあ、と思っています。

とは言えまだまだ1ヶ月半。
この習慣をきっちり継続してしっかり定着させたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しないことリスト

日経アソシエで特集をしていたこともあり、「しないことリスト」が
流行する兆しが見えています。
様々なブログで取り上げられ、盛り上がりを見せていますね。

何事も大切なのは継続することだと思います。
しかし、人間というのはそう簡単には変わることはできない。
何かをしようと思っても、なかなか普段の習慣以外のことは続きません。
それは逆に言えば、習慣化できればとても大きな成果が期待できる
ということです。

それじゃあ、あれもこれも習慣化しよう、と思っても
人間の活動量は限度があるもの。
どこまでも詰め込むことはできません。

だからこそ、
やることとやらないこと
を決めなくちゃいけない。
でも、何かをやらないと決めても、それは大抵の場合
習慣化されているわけだからなかなかやめられない。

習慣に打ち勝つためにルール化してしまおう。

それはつまり
自分の将来にプラスのことを習慣化して
自分の将来にマイナスのことを習慣からはずす

ということです。

ちなみに僕が普段、意識はしていないけど「しないことリスト」
にしていることを思いつくだけあげてみると、

・テレビを観ない
・ゲームをしない
・すぐダメになるものを買わない
・お酒を飲まない
・お酒の場に行かない
・夜更かしをしない
・胃がもたれるものを食べない
・タバコを吸わない
・必要かも知れないと思うことには迷わない
・うわさ話に付き合わない
・気が向かない誘いにはのらない
・移動時間を無駄にしない

と言ったところでしょうか。
先ほどの日経アソシエの記事や色々なブログを見ていると、
割とありきたりなリストのようです。

結局は
健康な心身をつくり、向上心を保つ
ということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採点

今日は非常勤講師をしている講義のテスト採点をしました。
結構時間がかかるんですよ。
100人近い人数でしかもレポート形式だし。

なかなかにハードな作業で、それでもみんな色んなこと考えるなあ、
と感心したり、純粋にすごいと思う答案に出会ったり。
色々と思いながら進めていくと、段々と鬱な気分になってくる。
僕の教え方が悪かったかなあ、と思えてもくるし、
明らかに僕とは相性が合わなかったことを答案からアピール
している人もいる。
それよりも何よりも、もしかしたらこの採点が誰かの人生に
影響を与えているのかもしれない、と思えてきたりして。

テストの結果なんて小さいことだけど、もしかしたら
一つのミッシングピースが全体の歯車を狂わせるかも知れない。
一つの単位を落としたことで留年が決まれば、少なくとも
1年間の人生設計は大きく変わっていく。
それがいいことか悪いことかは誰にもわからないけど。

僕の感じ方が大袈裟なんだろうけど、そんな風に思えてくるわけです。
僕も学部生の時は必死だったなあ、とか思い出されるし。
そんなこんなで憔悴しきった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真

今日はマイミクストロ米路の写真展を見に
家族+妻の妹と麻芽というヘンプ雑貨屋さんへ行ってきました。

ベロちゃんは旅人だなあ。
旅をしてる時の、見るものすべてが新鮮で色鮮やかな感覚が
そのまま写真に表れてると思います。

ナチュラルな雑貨や服を扱っているお店も素敵だし、
オーガニックな食べ物屋さん・カフェも併設されているので、
興味ある人は是非遊びに行ってみてください。
ベロのページで写真も見られるはずです。
29日までやってるそうです。

帰りにパルコ西館のB1Fで抹茶豆乳ジェラートを賞味。
僕はどうも最近甘いものがダメですが、3人はおいしそうに食べてました。
僕はなんか醤油せんべいとか食べたいノリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の名古屋方面は雪でしたね。
人生初雪に、長男は大いに盛り上がってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初CT

今日はCTスキャンを撮りに八事日赤病院へ行ってきました。

大きな総合病院ですが、あらゆる手続きがとてもシステマティックで
とてもうまい連携がとれていることに感動しました。

病院と言えばひたすら待たされる、という印象ですが、
わけもわからず待たされるということがなかったので
勝手にご飯食べに行ったりしながら割と快適に過ごせました。

人生初のCTスキャンですが、驚くほどあっけない。
それだけ?という間に終わりました。

ちなみに診断結果は特に異常なし、とのこと。
じゃああの苦しみは何だったのよ?
原因が特定されないと今後の対策をとりようがないので、
安心よりもむしろモヤモヤしてしまいます。

まあモヤモヤしててもクリエイティブじゃないので、
健康だと太鼓判を押された隙に生命保険に加入しておこうと思います。
今回のことで自分の健康にも関心を持つことができたし、
保険加入のためにも必要なので近々人間ドックに入ります。
そう考えるとすごい得した気分になってきますね。

健康を維持することが時間を有効に使うためにも重要ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘録

「何かを主張するために考えるべきこと」

○考えるポイント
「聞き手」にとって何が重要か考える
(ダメ:自分の言いたい論点を言う)
・相手が重要視しているポイントをメリットとして強調
・それがメリットだと言える根拠を明確に
・相手が気にするであろうデメリットについては、それを解消する策を提示

○考えるプロセス
So What? Why True?
・まずはイシュー(主張したいこと)を明確に
・情報が単なる事実の羅列ではダメ。イシューとのつながりを意識する。
・イシューにスムーズに結びつけられるように、情報を解釈する。
・So What? その情報からどんなメッセージが導き出せるのか?
・Why True? そのメッセージには別の前提が隠れていないか?
・抽象的な言葉は思考停止の元。具体的な言葉で。

○考える枠組み
一つの方法として「ピラミッドストラクチャー」
・STEP
 1.イシューからメインメッセージを明確にする。
 2.理解と納得につながる枠組みを考え、情報をグルーピングする。
 3.So What? 情報からメッセージを導き出す。
 4.Why True? 本当にそう言えるか?自分自身に問いかける。
・ポイント:キーメッセージで言いたいことの8割は説明する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー日本代表

サッカー日本代表がワールドカップ予選のタイ戦に
勝利したそうですね。

僕はサッカーに詳しくないんですが、得点した中沢選手って
確か前に代表引退宣言していた記憶があります。

ワールドカップが終わったら唐突に代表引退宣言して、
知らない内にカムバックしてる選手っていっぱいいるような。
そもそもサッカーを引退ならわかるけど、代表を引退することを
宣言する意味がよくわかりません。
頼まれても辞退すればいいだけのような気が。

まあ、なんにせよ僕みたいな素人が無粋なことを言う幕では
ないんでしょうね。
一流のスポーツ選手はギリギリのところで緊張感やモチベーションを
持続させるために色々なことが必要なのでしょう。

ただ、僕はこのことを新たなことわざにしたいですね。
「サッカー選手の代表引退」
意味:これ以上に無意味なことはないということ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行口座

今使っている銀行口座に加えて追加口座を開設しました。
クレジットなどの引き落とし専用のものと
貯蓄用のものを分けようと思ったのです。

どんな口座にするかは、銀行貯金には利息や銀行の運用方針を含めて
全く期待していないので、利便性のみを考えて決めました。
三菱東京 UFJ 銀行のオールワンという口座です。

メガバンクに貯金をすることについては、momo という市民バンクが
非常に考えさせる情報をなげかけています。

それは、銀行に預けていた私たちのお金が運用という形で
思ってもいないところに使われている可能性がある、ということです。
それは詐欺でも何でもなく、法的にも倫理的にもやましいことはないですが、
それほどにお金の流れは見えにくいし、僕たちはお金の流れに無頓着になっている。

僕の個人的意見としては、貯蓄するということに対して銀行貯金以外の選択肢を
しっかりと持てるだけの金融リテラシーが自分に必要だと思っています。
それがお金の流れをしっかりと考えることにつながるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEICの結果

先日受験したTOEICの結果がわかりました。

今回は660点です。
内訳は
・リスニング:300点
・リーディング:360点

やはり、リスニングで大きく落としていたようです。

しかし、予想通りの結果です。
今回は600点、という目標を超えていたことは
素直に褒めておこうと思います。

どちらにしても、自分の現状、欠点がよく見えました。
英語のリズムをつかむことが今の自分にとって一番大切
だと思います。
英語のイメージトレーニング、英語耳をつくることが
今の自分が取り組まなくてはいけない課題です。
そのためには、とにもかくにもたくさん聞くことですね。

今年までに800点以上、という目標までは
だいぶありますが、言語は毎日の積み重ね。
英語を日常の一部にすることが一番の方法だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ただいま

今日三日振りに帰ってきたのですが、
家に着いた時には残念ながら子供はもう寝ていました。

なんでもエンジンの音が聞こえる度に玄関まで走っていたそうです。
でも僕が着く20分ほど前に力つきてしまったんだとか。

そんな話を聞くと涙が出てきてしまいます。
僕も出張中何度長男の顔を思い浮かべたか。

明日はたっぷりと親バカを楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪
東京は雪です。
明日は横浜に行く予定なんだけど
大丈夫かなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京へ

東京へ
これから東京へ行ってきます。
月曜日までミトに会えないのが
もう悲しくて悲しくて

僕は家族を置いてまで
どこへ行こうとしてるんだろう?
僕が向かう先には何があるんだろう?

なんて無駄にしんみりしてみたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »