« デジカメ充電器発見! | トップページ | 息が苦しい »

虐待

教師たち(1) 「ちょっと見せて」太ももにあざ
教師たち(2) 呼び出し音、鳴り続けるだけ
教師たち(3) 約束の面談日、夜まで待った
教師たち(4) すりガラスに映った人影
教師たち(5) 腫れ上がった顔、つめ割れにじむ血
教師たち(6) 「命が危ない」覚悟を決めた
教師たち(7) 救出…「入院先を漏らすな」
教師たち(8) 殴り続け20分「逃げたら殺す」
教師たち(9) 逆恨み恐れ、髪切り「変装」
教師たち(10) あきらめず訪問、「ありがとう」

ショッキングなルポルタージュです。
ただ、このケースは教師たちや相談所との連携がうまくいった
という点では幸運と言えるのかも知れません。

学校や教師に失望するニュースは後を絶ちませんが、
大多数の教師は精一杯がんばっている、ということは
間違いないと思います。

義理の兄が高校教師をやっていますが、
彼を見て彼の話を聞いていてもそう思います。

しかし、精一杯やっていても限界がある。
発見できない、発見してもうまく対処できない。
そうして事態がただただ悪化していく可能性もある。

ルポでの少女は最悪の事態は避けられた、
と言ってしまいたくなる。
でも、彼女が負った傷は計り知れない。
傷を負って生きることの痛みは
僕の想像をはるかに超えています。

なんで虐待なんて起きてしまうんだろう。

保母をしている友達が言っていました。
クラスに必ずおやつをがっつく子がいる。
多分、家ではろくに食事をさせてもらってない。
あざがある子もいる。
そういう子に家のことを聞いても、絶対に話さない。

虐待のニュースにショックを受けて思うことが二つあります。
一つはなぜそんなことをする心理状態になるのか
信じられない、という気持ち。
もう一つは、自分にも虐待をしてしまう弱さがあるんじゃないか、
という気持ち。

ソ連が崩壊した直後のロシアでは、
DVで死亡する妻が後を絶たなかったそうです。
社会の大きな変革の中でプライドをずたずたにされた
男たちが、自分の力を何とか確かめようと
自分より弱い者に拳をあげた。

人に認められたいという欲求を僕は強く持ってます。
それは僕の弱さです。

僕は家族を心の底から愛している。
自信を持ってそう言い切れます。
しかし、僕の弱さがいつの日か
今の僕には想像もつかないような形で
外に現れるんじゃないか。

人はコントロールできないものが何よりも恐い。
そしてコントロールできないものが自分の中にもある。
それが一番恐ろしいです。

|

« デジカメ充電器発見! | トップページ | 息が苦しい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんな事が実際あるのですね・・・・
読んで、胸が苦しくなりました。
最後には、涙も出ていました。

力の強い者が、
人の心を傷つけ
人の人生や未来をかえてしまうなんて
絶対に許せない。

しかし、虐待する側の気持ちも全くわからないでもない。
4人も子どもを育てていると、毎日必ず事件が起きる。
下の子が泣き出して、めんどうをみてると、上の子たちがケンカを始める。
ワーワーと戦争のような毎日を送りながら、
ひとりが病気になると、みんなにうつって
夜もほとんど眠れない状態が続く。
慢性的な睡眠不足の中で
3時間続けて寝たいとよく思った。
そして
自分の時間を持つことができない。
社会に取り残されはしないか?
また、仕事ができるのか?
みんな元気に育つのか?
多くの不満や悩みをかかえたとき、
私には、話を聞いて
いっしょに子育てに参加してくれた
両親がそばいたので、虐待しなくてすんだ。のだと思います
親のエゴで
理不尽な扱いをしても
あどけない笑顔が返ってきたとき
子どもたちに感謝するとともに
自分を反省した。
私はこんなことを繰り返し子育てをしながら
親を育ててもらった。
そして、母子(親子)の不思議な人間関係
を感じた。「絆」でしょうか?

虐待防止のために
私たち大人にできることはない?

投稿: ひかり | 2008年1月30日 (水) 02時01分

ひかりさん
コメントありがとうございます。

ひかりさんが4人のお子さんを育てた経験と時間からの
言葉の重みを感じました。

虐待をなくすために何ができるか。
到底わかりません。
でも、僕も「絆」が大切なんだと思います。
そして絆というのはコミュニケーションの積み重ね、
一つ一つのコミュニケーションにもっと意識を持った方が
いいんじゃないか、と自分に対して思っています。
一つ一つの相手を尊重したコミュニケーションが
絆を生んでいき、絆が広がっていくんじゃないか、
と思っています。

コミュニケーションは人と人とのつながりである以上、
コミュニケーションのやり方を学ぶことなんて
不可能だ。
そういう風にずっと思っていました。

しかし、今ではその考えはずるいと思っています。
コミュニケーションはもちろん「How to」で
語ることができることではないと思います。
でもそれよりも、自分の言葉や態度の裏側にある
自分でも意識できていない自分の欲求に
もっと気をつけるべきだろうと思います。
そして、そのためにはしっかりとコミュニケーションを
学ぶべきだと思うのです。

一見相手を気遣っている発言や
何気ない発言が実は相手を追い込んでいる。
そうした自分を反省することが相手を尊重する
ということだと思います。

そのためにコミュニケーションについて
誰もがきちんと学ぶことが
教育でも、家族の間でも、子育てでも、職場でも
全ての場所で必要だと思います。

「なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方」
という本は題名は卑俗ですが
とても多くの発見があり、多くのことを考えさせられました。

投稿: いしかわ | 2008年1月30日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209637/17866824

この記事へのトラックバック一覧です: 虐待:

« デジカメ充電器発見! | トップページ | 息が苦しい »